2020年版:安全で快適なネット閲覧におすすめのVivaldiブラウザと拡張機能一覧

2020年版:安全で快適なネット閲覧におすすめのVivaldiブラウザと拡張機能一覧
2020年版:安全で快適なネット閲覧におすすめのVivaldiブラウザと拡張機能一覧
たった5000円のAmazonギフト券現金チャージで1,000ポイントもらえる!初チャージの人が対象

たった5000円のAmazonギフト券現金チャージで1,000ポイントもらえる!初チャージの人が対象

初チャージ時に1000ポイント、その後もチャージのたびに最大2.5%ポイントがもらえる

手数料なし。チャージした分は全額Amazonで現金同様利用可能。Amazonの買い物にはチャージを使わないと損!

今すぐチェック

この記事では僕がネット閲覧専用ブラウザとして使っているVivaldiと使用中のおすすめ拡張機能(アドオン)を紹介する。

読む前の注意:僕がVivaldiを閲覧専用ブラウザとして使っているだけで、Vivaldi自体が閲覧専用のブラウザという意味ではない。VivaldiもChromeやFirefoxと同じ普通のブラウザなのでお間違いなく。

Vivaldiとはどんなブラウザなのか

Vivaldiブラウザ

VivaldiはChromeベースのブラウザでChromeの拡張機能をそのまま使うことができる

Vivaldiのおすすめの機能はウィンドウ内に二つのサイトを並べて表示できるタブタイリング。ブラウザ標準機能なので拡張機能は不要。海外サイトの原文と翻訳を並べて表示したい時に便利。Chromeでも拡張機能で似たようなことができるがどれも性能が悪くて使い物にならなかった。

閲覧専用にVivaldiを使っている理由

僕はブログ作業やネットショッピングには主にChromeを使っているが、そういった作業ではIDやパスワードの入力機会が数多くある。

しかし暇つぶしにダラダラとネットを見る時は品行方正なサイトだけを見ているわけじゃないので、安全を考慮してパスワードやIDが保存されていない、Chromeとは別のブラウザを使いたかった

Firefoxはまた別の用途専用で使っているので、それ以外だとそこそこ有名でChrome拡張機能が使えるVivaldiしか選択肢はなかった。

EdgeはそもそもいまいちだしVivaldiは設定も細かくできるし操作性も良い。

Vivaldiを使い始めた頃はパスワードやIDは一切使わないことにしていたが、それだと不便だったので今は他のアカウントとまったく関連性のない文字列でVivaldi専用のIDやパスワードを作ってツイッターやGoogleで使っている。

Vivaldiダウンロードページ

閲覧専用で使っているVivaldiで利用中の拡張機能

ネット閲覧の快適さと安全性向上のために使っている拡張機能を紹介する。

Vivaldiに拡張機能をインストールするには、各項目に貼ってあるリンクからVivaldiでChromeウェブストアに行って普通に追加するだけでOK。

Selected Text Searcher:検索を簡単にする高機能拡張機能

Selected Text Searcher

ChromeとFirefoxでも使っている検索用拡張機能で、ドラッグアンドドロップで簡単に検索ができる。

この拡張機能は他の検索拡張機能よりも圧倒的に高機能で、登録可能検索サイト数が無制限で検索ワードを一度に複数サイトで検索できる。他の検索用拡張機能ではどちらもできない。

これまで数多くの検索用拡張機能を使ってきたが機能的にはこれが歴代ナンバーワンだと思う。ただ誤作動が多いのが難点。

僕の場合メインで使用しているChromeだと誤作動が非常に多い。VivaldiとFirefoxでは今のところ問題ない。まったく確証はないが登録サイト数が多すぎると誤作動が起きやすくなるような気がする。Chromeには多分30個以上登録してある。

Selected Text Searcher:Chromeウェブストア

くわしい使い方はこの記事参照
NoScript:任意のJavaScriptだけ読み込み

NoScript:任意のJavaScriptだけ読み込み

各サイトで実行されるJavaScriptの中から読み込むものと読み込まないものを任意に設定できる。僕はFacebookは全停止してある。

JSを実行しようとしているドメインも表示されるので、よくわからない場合はGoogleで検索してそのJSがなんなのか調べることも可能。

NoScript:Chromeウェブストア

スポンサーリンク
New Tab Redirect Plus!:新規タブで任意のサイトを開く

New Tab Redirect Plus!:新規タブで任意のサイトを開く

新規タブを開くと出てくるショートカット画面を任意のサイトに飛ぶように設定できる拡張機能。

僕はあのショートカット画面が邪魔でいきなりGoogleを開いてほしいのでGoogleに設定してある。

New Tab Redirect Plus!:Chromeウェブストア

FireShot:シンプルなスクショ拡張機能

FireShot:シンプルなスクショ拡張機能

スクショ拡張機能はたくさんあるが僕は編集機能なしで構わないのでできるだけシンプルなものを使いたかった。FireShotはその条件に合致したスクショアドオンだった。僕は試していないが有料版では編集などができるらしい。

キャプチャはページ全体、表示部分、範囲選択が可能。シンプルで使いやすいが範囲選択キャプチャの場合選択範囲を調節できないので一発勝負である。

これまで長い間使っていたScreengrabはキャプチャ実行前に選択範囲が調節できたのでその点は便利だった。しかしScreengrabは最近たまにキャプチャエラーが起きるようになったのと、範囲選択キャプチャの際に左上に余計なメッセージが出るので左上から範囲選択したい時邪魔になるのが難点だった。まだアンインストールはしてないが今はほぼ使っていない。

FireShot:Chromeウェブストア

Poper Blocker:ポップアップとオーバーレイ広告をブロック

Poper Blockerポップアップやオーバーレイ広告をブロックする拡張機能。サイトごとにワンタッチで機能をオンオフできる。100%ブロックできるわけではないがかなり役に立つ。

Poper Blocker:Chromeウェブストア

uBlacklist:Googleの検索結果から特定サイトを除外

uBlacklist

Googleの検索結果から特定サイトを除外できる拡張機能。

検索を汚染している邪魔なクソサイトを登録すると検索結果に表示されなくなる。代表的ゴミクソサイトのNaverまとめ、カラパイア、らばQ、pinterestを登録しておくと快適。Block Siteと合わせて使うと良い。

Personal Blocklistという同じ用途でGoogle製の拡張機能もあるのだが、何年も更新されておらず動作もいまいちなのでuBlacklistがおすすめ。

uBlacklist:Chromeウェブストア

uBlacklistの使い方はこちらの記事参照
Block Site:特定サイトへの接続を遮断

Block Site特定サイトへのアクセスを遮断(ブロック)することができる拡張機能。

邪魔なクソサイトを登録すると、間違えて(だまされて)リンクを押しても接続が遮断されてつながらなくなる。非常に便利。

同名でもっとユーザーの多い拡張機能もあるが、こっちの方が動作がシンプルでおすすめ。

ポップアップで出てきたうざい広告のURLや、代表的ゴミクソサイトのNaverまとめ、カラパイア、らばQ、pinterestを登録すると快適になる。uBlacklistと合わせて使うのが良い。

Block Site:Chromeウェブストア

Block Siteの使い方はこちらの記事参照
Linkclump:選択したリンクを全部開く

Linkclump:選択したリンクを全部開く

Zを押しながら選択した範囲内に含まれているリンクが全部一気に開く。

ショッピングサイトの検索結果で複数の商品を同時に開きたい時などに便利。5chまとめなどで画像やテキストのリンクが並んでいるような場所でも役に立つ。

Linkclump:Chromeウェブストア

YouTube NonStop:YouTubeの一時停止を防止

YouTube NonStop

BGM代わりにYouTubeを聴いているとしばらくすると仕様で一時停止されてしまう。その時に出てくる警告ウィンドウの「引き続き視聴」を自動で押してくれる拡張機能。

動画は一瞬止まるがまったく気にならない。そのうちGoogleに対策されそう。

僕は今はYouTubeをBGMにしなくなってしまったのでこの拡張機能は使っていないが、YouTubeをBGMにする人には必須アイテム。

YouTube NonStop:Chromeウェブストア

Stealthy:IPを偽装する

StealthyIPを海外IPに偽装する拡張機能。中にはIPを知られたくないサイトがあるから、そういうところを見る時だけオンにしている。オンオフはワンタッチで簡単にできる。

オンにすると接続が遅くなったり接続できないサイトがあるので、常時オンにしておくのは無理。

IPを偽装・隠す・非表示にするための拡張機能を検索すると最初に出てくるBetternet UnlimitedとHotspot Shieldというのも試したが、この二つはどちらもオンにしてもすぐ勝手に解除されてしまって役に立たなかった。Stealthyだけは自分でオンオフするまで状態がキープできたので採用した。

Stealthy:Chromeウェブストア

感想まとめ

結論:作業用ブラウザと閲覧用ブラウザは別にした方が少しは安全性を高められると思う。細かい設定が可能でChromeの拡張機能が使えるVivaldiがおすすめ。

💡Amazonおすすめキャンペーン

Echoを買うと4カ月間音楽6500万曲無料で聴き放題【Amazon Music Unlimited】新規登録者限定:期間不明だが一定数に達すると終了と思われるので急げ!

Echoを買うと4カ月間音楽6500万曲無料で聴き放題【Amazon Music Unlimited】新規登録者限定(期間不明)

対象Echoは種類豊富。Alexa便利なので未体験の人には特に強力推し。一定数に達すると終了だと思われるので急げ!

5カ月目以降は月額Prime780円、非Prime980円。⇒Amazon Music Unlimitedで聴ける曲まとめ⇒欅坂46⇒クラシック⇒アニソン⇒ヤバイTシャツ屋さんなど

今すぐチェック
月額たった980円で200万冊以上が読み放題になる【Kindle Unlimited】30日間の無料体験あり

月額たった980円で200万冊以上が読み放題になる【Kindle Unlimited】30日間の無料体験あり

本1冊と変わらない月額でオールジャンル読み放題

⇒Kindle Unlimitedで読み放題の本一覧、対象はマンガ・小説・ビジネス・実用書・雑誌など多数。万が一自分に合わなければいつでも退会可能。Kindle端末がなくてもスマホやPCの無料アプリで読めます。

今すぐチェック
忙しい人必見!耳で聴く本Audibleなら運転中でも満員電車でも本が読める!30日間無料体験あり

忙しい人必見!耳で聴く本Audibleなら運転中でも満員電車でも本が読める!30日間無料体験あり

無料体験終了後は月額1500円だがいつでも解約OK

ラインナップは小説・ラノベ、ビジネス、教養、自分磨き、堀江貴文、実用書、英語・語学、などオールジャンル。プロの声優や俳優による朗読なので内容がスッと頭に入ってくる。

今すぐチェック
たった5000円のAmazonギフト券現金チャージで1,000ポイントもらえる!初チャージの人が対象

たった5000円のAmazonギフト券現金チャージで1,000ポイントもらえる!初チャージの人が対象

初チャージ時に1000ポイント、その後もチャージのたびに最大2.5%ポイントがもらえる

手数料なし。チャージした分は全額Amazonで現金同様利用可能。Amazonの買い物にはチャージを使わないと損!

今すぐチェック
【紙の本ポイント還元】Amazonで紙の本まとめて買うと最大15%ポイント還元(1/31まで)

【紙の本ポイント還元】Amazonで紙の本まとめて買うと最大15%ポイント還元(1/31まで)

Prime会員、Amazonカード利用、まとめ買いなど条件により還元率が変わる

紙の本をまとめ買いすると条件次第で最大15%ポイント還元。要クーポンコード入力。Primeスチューデントは3冊同時購入キャンペーンと併用可能。

今すぐチェック

ブログとネットカテゴリの最新記事